宝物になる家づくりをお手伝いします トレジャーホーム 社長ブログ

断熱の長所と短所

2016年1月9日

あけましておめでとうございます。

 

今年は暖冬ですが、それでも冬は寒いですね。

 

今回は冬を暖かく過ごす断熱性能の長所と短所の話です。

 

 

どんな家づくりをしても、捉え方によっては短所だと感じる部分があります。

 

例えば、高気密高断熱を追求した家は、部屋毎の温度の違いが少ないのでヒートショックなどの健康被害が起こりにくくていいですよね。

 

しかし、断熱性を高めるためには空気の漏れを少なくし、熱を伝えないことが大切です。

 

そのため、性能を上げていくことで、窓の大きさや数が制限されます。

 

また、24時間換気をつけっぱなしにしないと、人の呼吸などで空気が汚染されます。

 

換気計画が出来ていないと、室内のニオイも残りやすくなります。

 

そんな住まい方を続けるうちに、家にいるだけで圧迫感や閉塞性を感じる人がいます。

 

「窓を開けて、自然の空気を取り込みたい」

 

「広い窓から景色を楽しみたい」

 

というタイプの人は、特にストレスを感じやすいものです。

 

 

逆に、窓が大きくて解放感溢れる家なら、中の音が外に、外の音が中に聞こえやすくなります。

 

高気密高断熱の家より、寒くて暑い家になります。

 

どの程度をよしとするかは、その家族次第です。

 

 

また、材料にも長所と短所があります。

 

安くてお手入れが簡単。さらには、ネットで外国製品を支給、でもシックハウスを引き起こす可能性がある。

 

高くてお手入れが面倒。でも健康に暮らせる・・・。

 

新築する人が知りたいのは、実は短所の方です。

 

そうすれば事前に対策ができるし、自分が希望する暮らし方を見つめ、選択基準を変えることもできるからです。

 

しかし、一部の業者は長所しか伝えません。

 

「短所を伝えると契約してもらえないのでは?」

 

と怖いんです。

 

このとき、自分の家づくりに信念を持っている業者は、その家づくりの長所と短所を伝えることができます。

 

包み隠さず話して、その家づくりに共感してくれたお客さんと一緒に新居をつくり上げていきます。

 

お客さんは事前に短所が分かっていますから、

 

「こんなはずじゃなかった」

 

とイヤな思いをしなくて済みます。

 

しかし、そうでない業者の場合、短所はなかなか口にできません。

 

そのような業者は避けたいものです。

 

 

施主の立場を考えた情報開示をどこまでできるか、というのは、業者選びの大切なポイントです。


カテゴリー: 家づくり  
2020年1月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
お問い合わせの方全員に!トレジャーホームがよくわかる小冊子プレゼント!! 人気No.1トレジャーホーム自慢の間取り集150プラン 人気No.2 年収250万円で上質な注文住宅が手に入る!ハウジングブック 人気No.3 ハグハウスはじめてブック
フォームからは24時間受付中!!フォームからは24時間受付中!!
お電話でのお問い合わせは 0120-960-575 [受付時間]9:00〜21:00   年中無休 お気軽にお問い合わせください