トレジャーホーム 家づくりブログ

トレジャーホーム代表・池村 創業のきっかけとなった“素朴な疑問” |亀山・鈴鹿・四日市の不動産・注文住宅のトレジャーホーム

2017/04/11

 

トレジャーホーム本社には大型バイクが数台“鎮座”しています。代表取締役社長・池村昭人の愛車です。中学生の時に鈴鹿で暮らすようになった池村はモータースポーツの魅力にとりつかれ、「8耐」やF1に夢中になっていたと言います。

そんなモータースポーツ少年だった池村が、どういう経緯で家づくりの仕事に携わるようになったのか、その想いに迫りながら、トレジャーホームの家づくりの魅力をお伝えしていきたいと思います。

 

──子どもの頃はどんな仕事をしたいと?

「オートバイレースの魅力にはまって、バイクのエンジニアになりたいと漠然と思ったりしていました」。

 

──それが、大学では建築学科に進学したのはなぜ?

「バイクだけでなくモノづくり全般に興味を抱くようになったんです。中でも建築物に興味が湧いてきて、建築のことをしっかり学んでみたいと」。

 

──そこから家づくりへと。

「建築のことを学んでいる内に、家を建ててみたいと思うようになって。工務店でアルバイトを始めて、建築現場での技術やノウハウを身につけました」。

 

──建築現場が家づくりの出発点だったんですね。

「工務店に就職して、塗装やリフォーム中心の仕事をしながら現場監督も務めていました。それから新築工事の仕事もするようになって、仕事をしている内に、“素朴な疑問”を抱くようになったんです」。

 

この“素朴な疑問”がトレジャーホームの出発点になります。続きはまた次回に。

 


カテゴリー: スタッフ・職人紹介  
2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
タグ
お問い合わせの方全員に!トレジャーホームがよくわかる小冊子プレゼント!! 人気No.1トレジャーホーム自慢の間取り集150プラン 人気No.2 年収250万円で上質な注文住宅が手に入る!ハウジングブック 人気No.3 ハグハウスはじめてブック
フォームからは24時間受付中!!フォームからは24時間受付中!!
お電話でのお問い合わせは 0120-960-575 [受付時間]9:00〜21:00   年中無休 お気軽にお問い合わせください