トレジャーホーム 家づくりブログ

玄関に土間収納をつくる際のポイントって?

2019/12/18

こんにちは!広報部です。

 

最近この前置きのネタがなくて、

いかに自分が何もせずに生きているかを思い知らされて悲しくなりました

まぁ、日々生きてると早々変わったことなんて起きないものですよね…

 

話が迷子になりつつあるので本題へ(笑)

今回は、家づくりにおける土間収納についてお話します!

 

 

 

目次

1.家づくりで大事な土間収納って?

2.家づくりで土間収納をつくるときのポイント

3.最後に


 

1.家づくりで大事な土間収納って?

 

皆さん土間収納ってなんだかわかりますか?

家づくりを検討されている方には馴染みのある言葉かもしれませんね。

 

【土間収納】とは、玄関で靴を脱がなくても使うことができる収納のことを言います!

土間収納のほかにも、

【シューズインクローク】【シューズインクローゼット】と呼ばれることもあります。

 

土間収納は主に下記のようなものを収納するのに重宝されます。

①靴を脱いで運ぶのが面倒なもの

②外で使うような物、部屋にあげたくないもの

③大きかったり、重たくて運ぶのが難しいもの

 

例えばゴルフバッグなどの外で使うスポーツ用品、

ベビーカーや自転車などは玄関に置いておくと邪魔になってしまいますよね。

もしその時に土間収納があればスッキリ収納できて便利だと思いませんか?

 

土間収納に置くことができるのは、

・ゴルフバッグや野球、サッカーなどのスポーツ用品

・キャンプ用品などのアウトドアグッズ

・子どもが外で使う遊び道具

・ベビーカー、三輪車、キックボードなど

・ストーブや灯油

・スキー、スノボ用品

・ガーデニンググッズ

 

などなど、他にも活用の仕方次第で様々なものを収納できます。

 

では、土間収納をつくるときの注意点やポイントって何でしょうか。

土間収納

 


 

2.家づくりで土間収納をつくるときのポイント

 

土間収納をつくる際は、家庭によってすごく使うお家もあれば、

使わないお家は無駄になってしまわないようにしっかり考えてつくる必要があります。

 

まずは、便利だからといって無計画に作ると、逆に使い勝手が悪くなってしまったり、

デッドスペースがうまれてしまうことにもなります。

そうすると室内の広さを無駄に圧迫してしまうことにもつながるので、

まずは何を置くのか、どれくらいの広さが必要なのか、収納するものを考えてみてください。

 

次に土間収納につけるドアもしっかり考えないと邪魔になってしまいます。

逆にドアを付けないのも一つの手です。

上にフックを取り付けてロールカーテンにすると、ドアの分の面積は必要ないので

広く活用することができます!

 

棚をつけるのもポイントです!そしてつけるなら可動式がおすすめ。

可動式なら、物が増えてきても必要に応じて高さを変えたり調整できます!

土間収納

 


 

3.最後に

 

今回は土間収納についてお話しました。

 

この間、お客様からも「土間収納は重宝している」とお声がありました!

 

お客さんが来たときに置いてあった靴などサッと収納できて

いつでもスッキリ綺麗な状態が保てるとのことでした。

 

便利な土間収納。

皆さんも家づくりの際には一度土間収納をつくるか考えてみてください!

 

 

 

 


カテゴリー: 住まいのコラム  
2020年10月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
お問い合わせの方全員に!トレジャーホームがよくわかる小冊子プレゼント!! 人気No.1トレジャーホーム自慢の間取り集150プラン 人気No.2 年収250万円で上質な注文住宅が手に入る!ハウジングブック 人気No.3 ハグハウスはじめてブック
フォームからは24時間受付中!!フォームからは24時間受付中!!
お電話でのお問い合わせは 0120-960-575 [受付時間]9:00〜21:00   年中無休 お気軽にお問い合わせください