トレジャーホーム 家づくりブログ

二世帯住宅で失敗したくないあなたへ

2019/11/05

挨拶

皆さんこんにちわ!広報部の森です!

さあいつもの雑談ですが、冬といえば皆さんは何を思い浮かべますか?

 

クリスマス?大晦日?お正月?

冬って本当に一年の一大イベントがそろっていて楽しくなっちゃいますよね。

私は冬の行事がとっても大好きなんです。わくわくしませんか?

 

クリスマスは、毎年イオンなんかに行くとクリスマスソングが流れたりして今年ももうすぐおしまいか~なんてしんみりしちゃいます。

その反面、クリスマスは何しようかなとか、何を食べようかなって考えるのが好きなんです。

 

去年のクリスマスは仕事だったなあ(笑)

まだ私が三重県のトレジャーホームに入っていないときなんですけど、前の会社の人たちと全体的にすごく仲がよかったので仕事中雪合戦した思い出があります…懐かしい…

 

それからこれは誰に言っても変だって言われるんですけど、クリスマスの時期になるとケーズデンキのトイレで流れているクリスマスソングを聴くのがすっごく好きなんですよね(笑)

なんでかは知らないですけど(笑)

テンションがあがっちゃうんです。なので三重県中のいろんなお店に行ってクリスマスソングを聴いたりしちゃいます。

 

皆さんはもうクリスマスやお正月の予定は決まっていますか?

今年もあともう少しですが頑張っていきましょう!

 

 

さて雑談は置いておいて今回は二世帯住宅のお話です。

三重県でも二世帯住宅の家庭は多いですが皆さんのご家庭はどうですか?

 

二世帯住宅は昔よりは数が少し減ってしまったように感じますが今でも二世帯住宅にする人は多いんです。

年代に限らず今の時代は二世帯住宅を建てている方も多いです。

そんな二世帯住宅ですがなにも考えずに建ててしまうと失敗してしまうんです。

 

今回は二世帯住宅で失敗しないポイントなんかをお話していきます。

 

 

 

 

目次

1.二世帯住宅のメリット

2.二世帯住宅のデメリット

3.二世帯住宅を建てるときに失敗しないためには?

4.最後に

 


1.二世帯住宅のメリット

二世帯住宅とは、複数の家族が一緒に暮らすため、建築費用や日々の家庭の支出を一緒に出せるので出費を少しでも抑えられる可能性があります。

 

また、二世帯住宅は2つの世帯が生活をともにするので、建築費用や日々の家庭の支出を半分ずつにすれば節約にもなりますよね。

 

それにお子様がいる方や、お子様が小さい方で共働きをしている場合、お子様の急な発熱時のときは義両親や、親世帯の家族にお子様を預けることができます。

さらに家に保育園に通わせなくても面倒を見てもらえるのであれば保育園の費用も節約できます。

保育園費用を払わなくてすむのは大きいですよね。なので若い新婚さんはまだお給料も少ない時期なので二世帯住宅を建てる方も多いです。

家事なんかも義両親がしてくれることも多いらしいので若い夫婦の方は住みやすいのだと思います。

 

二世帯住宅はしっかり考えて建てればメリットばかりなのです。

私の周りにも二世帯住宅に住んでいる方はたくさんいらっしゃいます。


2.二世帯住宅のデメリット

ここからは二世帯住宅のデメリットをご紹介します。

 

二世帯住宅を建築するときはしっかり考えて設計すれば問題ありませんが、何も考えずに建ててしまうと失敗してしまいます。

 

二世帯住宅は二世帯が同居するので生活習慣の違いや物音、価値観の違いから家族間でトラブルになってしまいます。

 

プライバシーの確保が難しいことも確かです。また、ある程度大きい敷地が二世帯住宅では必要となってくるので費用もそれなりにかかってしまうのが二世帯住宅のデメリットといえるでしょう。


3.二世帯住宅を建てるときに失敗しないためには?

二世帯住宅にはたくさんの種類があります。

完全同居型や、一部同居型、完全分離型などがあります。

 

完全同居型は家の中のほぼ全てのものを一緒に使うこといいます。リビングやキッチン、トイレなどを一緒につかうことです。

 

建築費用はあまり高くはなりませんが、生活習慣の違いや、プライバシーの確保面ではトラブルにはなりやすいのでお気をつけください。

ただ、二世帯とも仲がよく大勢で楽しい暮らしがしたい方にオススメです。

 

一部同居型は、先ほどとは少し違い、家庭内の一部だけを共同で使うことをいいます。

例えば、トイレやキッチンは別でもお風呂は一緒に使ったり、玄関やキッチンは一緒に使うなどと、分けることができます。

ある程度プライバシーを守れるのが特徴的で、トラブルにはなりにくいとおもいます。

 

完全分離型は、文字通り完全に生活スペースを離してしまうことです。

建物は同じでもキッチンやトイレ、お風呂などは世帯別で分けて使うのが完全分離型です。

お互いのプライバシーも確保でき、二世帯が程よい距離感にいられる特徴があります。

 

こういった風にきちんと生活習慣やプライバシーの確保を考えて二世帯住宅を建てることがポイントです。
きちんと考えて二世帯で話し合ってから建てるとメリットがたくさんでトラブルにもなりにくいですが、二世帯住宅は何も考えずに建ててしまうと必ずと言っていいほどトラブルになってしまうのでお気をつけください!

4.最後に

マイホーム

二世帯住宅はきちんと考えて建てれば住みやすいですが、考えずに建ててしまうと家族間のトラブルに繋がってしまうので、二世帯住宅ってただ建てればいいわけでないんですね。

ただ悪いことばかりではなく、むしろトラブルさえ起こらなければとってもすみやすいので人気の住宅となっています。

 

三重県でも二世帯住宅で新築を建てたり、二世帯住宅にリフォームする方はたくさんいます。

 

私的にも子供がいたら二世帯住宅でもいいかな~って思っています(笑)

 

きっと私の親も孫と近い距離で生活できるのは嬉しいと思いますので、二世帯住宅って魅力的だと思います。

 

三重県の工務店・トレジャーホームでも二世帯住宅を建てる方も少なくありません。

 

もし、二世帯住宅でなにかわからないことがあったり、聞きたいことがあれば、お気軽に三重県の工務店トレジャーホーム本社にご相談ください。

どんな質問もご丁寧にお答えしますよ。

 

 

二世帯住宅を建てる際はしっかりと二世帯で話し合ってからゆっくり決めてくださいね。

 


カテゴリー: 住まいのコラム, 家づくりのこだわり  
2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
お問い合わせの方全員に!トレジャーホームがよくわかる小冊子プレゼント!! 人気No.1トレジャーホーム自慢の間取り集150プラン 人気No.2 年収250万円で上質な注文住宅が手に入る!ハウジングブック 人気No.3 ハグハウスはじめてブック
フォームからは24時間受付中!!フォームからは24時間受付中!!
お電話でのお問い合わせは 0120-960-575 [受付時間]9:00〜21:00   年中無休 お気軽にお問い合わせください