トレジャーホーム 家づくりブログ

盛り上がり過ぎてご近所の迷惑にならないように──新築時に施しておきたい防音対策

2018/06/20

いよいよワールドカップが開幕。コロンビア戦、日本代表の勝利に大いに盛り上がりましたね。思わず大きな声を出してしまった方も多かったのでは。熱い闘いはまだまだ続きますが、今回はテレビの音を大音量にして思う存分お家の中で盛り上がってもご近所迷惑にならないための、家づくりの際の騒音対策をご紹介します。もちろん、お家にピアノなどを置いて演奏を十分に楽しみたいと考えてみえる方も必見です。

 

 

防音対策その1は、窓の防音。外壁は大抵15〜20センチほどの厚みがありますが、窓はせいぜい5ミリ程度。当然、音が漏れやすい場所になります。そこで活躍するのが遮音性の高い窓ガラスや金属製の窓枠。二重窓・二重金属サッシの組み合わせにすれば遮音効果は抜群にアップします。


防音対策その2
は、「プラスターボードの活用。石膏や苦灰石、石炭などを材料とするプラスター材を芯に入れたプラスターボードは断熱性、遮音性に優れています。テレビの音や騒ぎ声が漏れないようにするためには、このプラスターボードを二重に重ねて壁面に使うのが効果的です。


防音対策その3
としては、天井のケアも忘れてはいけません。壁だけでなく天井にも遮音効果の高い断熱材を施工しておくことで防音効果がアップするのです。

 

 

ワールドカップが終わると、2年後には東京オリンピック。思い切り応援に熱を入れられるように、新築の際にはしっかり防音対策を施しておきたいものですね。


カテゴリー: 住まいのノウハウ  
2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
タグ
お問い合わせの方全員に!トレジャーホームがよくわかる小冊子プレゼント!! 人気No.1トレジャーホーム自慢の間取り集150プラン 人気No.2 年収250万円で上質な注文住宅が手に入る!ハウジングブック 人気No.3 ハグハウスはじめてブック
フォームからは24時間受付中!!フォームからは24時間受付中!!
お電話でのお問い合わせは 0120-960-575 [受付時間]9:00〜21:00   年中無休 お気軽にお問い合わせください